スポンサーサイト

Posted by たかさん on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかひろ流:エイム力について

Posted by たかさん on 13.2010 CS類 0 comments 0 trackback
今回もcsについての話題に触れたいと思います。


エイム力がどうしてもつかない人、スランプに悩む人にいいかもしれません。



あくまで、cs歴1年ちょい位の厨房が考えた理論ですから、
なに語ってんだコイツ程度に流してくれて結構です( `・ω・´)



少しでも参考になればいい、そう思って書きました。




「csは経験の多さがものを言う種目といっても過言ではない。」


その人のエイム力を分ける要素は2つあると思います。


それはセンスとキャリアの長さ


どちらかが、充実していれば人よりもエイムはよくなる。


つまり、経験値さえ高ければ、センスがなくてもいくらでもカバーできるということです。


その理由の内大事なのが一つ


「次の場所に敵がいるイメージが鮮明に出来てるから」です。


事前にそこにいるだろうなと予測していれば、
実際にいた場合にも最速で対応できるでしょう。


いない場合でも、「たとえそこにいようが俺は対処できた」
という心の余裕にもなれば自分への自信にもなるわけです。


単純ですが、実際に実行に移すのには実に難しい、難題です。


なぜなら、D2ならD2、ヌークならヌークのあらゆる場所に実際に敵がいて、
そいつと戦闘したという「経験」がゼッタイ不可欠だからです。

目で映像でイメージするって実はやろうと思うと意外に難しい。

それも一箇所につきたった一回でそのイメージが鮮明に出来るはずがありません。


そのポイントが自分にとっての苦手ポイントで、
何度も殺されていたらそこで相手を逆に殺してやるイメージは、
経験があっても非常にしづらいものになるはず( `・ω・´)



おまけに一箇所のポイントで相手が仕掛けてくるパターンは場所にもよりますがさまざまです。


FB・HG・SG、壁抜きしてくる・つっこんでくる・芋ってる
仲間がいる・一人だけでいる・3人いる・箱の上にいる・奥にいる
すぐ手前で忍者してる・こちらに気づいてない・気づいてる
武器はARだ・AWPだ・HGだ・しゃがんでる・たってる・歩いてる・止まってる、

挙げてったら切り無いです。


それらすべてのパターンのイメージが出来ていれば、なんてことない、
毎回自分の実力で勝負することが出来るわけです。


そのイメージを出来るだけ鮮明なものにする、
自分のものにするために必要なものはただ一つ「経験」だけなんです。


どうしてもエイム力が良くならないという人も気を落とす必要なんて無いです。


不調な日なら誰にでもあるし、
まだ相手を倒すことが出来るだけの経験が足りて無いだけです。


とにかく次に起こるアクションを予測しておくことが大事なんです。


だれでも想定外の出来事がいきなり起これば事態の収拾に時間がかかるでしょう?( `・ω・´)



その時間はそのまま撃ち合いの勝敗に関わってきます。


予測していればドキッとすることもなくなりますしね( `・ω・´)



予測する、これ大事。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://hikaru112.blog134.fc2.com/tb.php/52-b44a3c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。