スポンサーサイト

Posted by たかさん on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華タブレット(笑  

Posted by たかさん on 05.2012 雑談系 0 comments 0 trackback




第一回、中華タブレット(PC)大品評会ぃ~~~!










( 軽)<(ワーワードンドンドンパフパフー)








今回取り上げるのは中華タブレットPC 「原道 N90双擎2」














購入理由、並びに利点としては次の点が挙げられる!





1.夜中にパソコン代わりに寝ながら大画面でネットサーフィンが出来る!
→据え置きの電気代はハンパない、その節約にもなるし寝ながらするのでいつでも眠いときに寝ることが出来る!座ってパソコンをいじってるとどうしてもそれが出来ない・・・そんな悩みも即解決!

2.トモダチに自慢できる!
→「俺、タブレットもってるんだぜ?」その一言であらゆる話題を寄せ付けない、最強のポジションに一瞬で立つことができる!かっちょいいタブレットを持ってればそれがいつでもどこでも可能となるのだ!(*自己責任)

3.旅行先で調べたいことがあってもスマホじゃ画面が小さい・・・見にくい・・・、パソコンがあればいいんだけど・・・、そんな悩みも全て解決!
→ある程度の性能のあるタブレットだとそんなニーズにもすぐに対応できる!

4.物欲が満たせる!
→なんてったってこの黒光りする液晶!持ち運べるサイズにも関わらず大画面の迫力ある風貌!これを買わずに何を買う!?








とまぁそんな感じで2次的な感想よりも性能的な面も含めてレビューしていきたいと思います。



まず写真、実物






箱!なんともいえないこのipadに栗卒な外観!そしてデザイn!モゴモゴ

IMG00613.jpg




いざ!オープン!

IMG00627.jpg



暗くて分かり辛いが、一通り見た感じ目立った傷も無く、綺麗な状態!
(新品で買ったのに傷物であるということは、中華パッドにはよくある話なのである
それもあってこれは嬉しい誤算)

IMG00704.jpg





因みに何となく箱の裏面をパシャリ、この通り中国語で全く読めぬ、読めぬ

IMG00667.jpg





画像は既におれっち好みのトップに改造してある
デフォルトのインターフェース画面もかっこよかったことは言うまでも無い
画面左上の白い線は時計のウィジェットである、液晶傷とかではないお

IMG00706.jpg







気になるスペック!

と、中華版のCPUとかに詳しくない方の為に、それぞれの解説も一緒に!












☆9.7インチ、 IPS液晶、高解像度(1024×768)

→「IPS液晶」とは現代の殆どのテレビや近代タブレットに搭載されているであろう簡単に言うと画面をより綺麗に見せるように工夫を凝らした液晶であるということ。要は必要最低限を満たしていると同時に十分な性能であるということ。

☆RK3066,デュアルコア 1.5GHz

→聞きなれないRK3066とは中華版のCPUのこと、「早い・動画再生に強い・不具合があまり見られない」 このことから、例えると日本で人気の別機種ICONIAシリーズの同価格帯に多く見られる糞CPU「Tegra2」とは比べ物にならない位作業がはかどるのだ!要は良いってこと

☆NAND FLASH容量:16GB

☆インカメラとバックカメラ付き

☆8000mAhのバッテリを採用!

→この8000という数字がどれほど大きな数字かというと、俺の持っているスマートフォンのL-01dのバッテリー残量は1950mAh、それのおよそ4倍の容量。
実寸で言うなら実際に図ったことは無いが、一日中ニコ動やyoutubeを見あさっていたとしても体感ではあるが8時間程度は持つと思われる。
バッテリー持ちが良いのが良いというのであれば、このタブレットはそのニーズに充分に答えてくれるだろうね


☆Bluetooth付き

→申し訳程度。不具合とかがないかだけ要検証















なんだこの見にくい編集は(´・x・`)







まぁほんとにタブレットほすぃ人だけ参考程度にみてちょって感じです。











*一応注意事項としては
タブレット端末は手元にWifi環境があれば本体単品で買うだけでネットつないで利用できます。



やり方としては
1.ポケWi-fiもってたらそれを使ってネットにつなぐ
2.L-01dみたいにテザリングが出来るスマホを持ってれば即OK、何の心配も無くタブレット本体買って、1と同じようにWi-fiつなげばいいだけ

*あんまりマイナーな中華パッドだと無線の相性が悪い場合もあるらしい、注意
ぐぐってレビューとか充実してる奴とかだったら多分問題無い

(テザリングとは、簡単に言うと、持ち運び可能どこでもネット出来ますよ機能の携帯端末バージョン)
3.家に無線ルーターがあればそれでもOK、そうなると家限定だがネットが遊べる。1,2のどちらかがあれば当然切り替え可能。













あと最後にもう一つ


ここからは核心というか、補足というかそんな感じ


中華タブレットについてですけど

殆どの商品に保障がついてません

加えて、あの中華製品ですから品質が雑であったり、多少の傷が付いていたり、梱包されている箱が崩壊していることもしばしば

その代わりに
馬鹿安いです

7インチサイズのタブでよければ中華タブハイエンドモデルが10000円以内で買えます。
(俺が今レビューしてるタブよりもほんのちょいとだけ高性能)










何で中華タブレットが今、この時代に有名になれたか?それは性能面で日本製品にも見劣りしない、(てかある程度価格帯離れてても日本製と比べたら全部日本のよりもいいかも)場合によっては旧世代とかとの比較ならipadシリーズよりも性能面でよかったりもするからです。
(何故?どうせパk・・・。憶測でしかないのでそこは何とも言えないです)






購入はあくまで「自己責任」


この言葉が常に付きまとうことになるでしょうけども、圧倒的安値、そして高性能

遊びでタブレットを買いたいという方には、中華パッドは入門機として最適だと思います。












《最後に個人的感想!N90双核2を買ってみて!》


・タブレットが欲しい欲しい欲しいと思ってた物欲を充分に満たせました
・ニコニコ動画、youtube問題なく動作します
・大容量動画、映画とかでも、途中スキップしたりしない限り(してもちゃんと動くけどちょいと遅い)充分に動作します
バックがダサい。Priceless
・専用カバーケースの在庫が・・・「赤札天国」というサイトが中華パッドとか専門の店なので買うならここのがいいかもね!
・中国直販なのがどうしても怖かったので、僕は秋葉原のAPAD専門店でちょっと割高だが直買した。赤札天国も悪いうわさは聞かないけど、まぁやっぱりそこは自己責任
・「原道シリーズ」は他にもいくつかあるが、この原道というメーカーの作るタブレットは他の会社と比べると、品質的な面で色々丁寧で優れているらしい、俺がこの機種買った理由にはそれも地味に大きかった。あくまで参考程度に
・電源ボタンがバックにある、側面かと思っていたよ・・・(特に問題では無い)
・液晶が1080pなので、次買うタブレットはより綺麗な1280pのが欲しいと思った、まぁその分電池持ちいいから良いんだけどね
USB充電はできません!携帯充電は出来ません!ただその代わり超持続の電池であるので、個人的には全く問題なし。
・重いイメージがあったけども、軽い、てかiPadより軽い。補足
・中華パッドだから?使えないアプリが点々とある。そこだけ注意。ただブラウザのブックマークやら対応非対応逃れのアプリもちゃんと存在するから、またまた個人的には特に問題なし
・タッチ感度も良いね、昔の中華パッドは感圧式でくそったれ性能だったけど、最近の中華タブは静電式、これは最近のタブレットに標準搭載の機能、最低限のラインはしっかり守ってるって訳なのだよ諸君
・結果的に買ってよかったと思える機種でした












以上!!


あ、最後にも一つ因みに



僕は生粋の日本人です
洗脳教育も中国留学なんかもしてません



=(イコール)


ステマじゃないっす...信じてください...




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  <おっと、それ以上は言うなよ…
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  | 内心    /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
   ヽ   |、 本心 (  ヨ    | <ブログに書くネタが無かったからこんな駄記事書いたんだr・・・
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \





あれ、本心と内心って一緒じゃね?・・・


With Me - Sum 41



元はPANKな彼ら
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://hikaru112.blog134.fc2.com/tb.php/389-dcae110e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。